So-net無料ブログ作成

『命を救う』とは [エネルギー]

死んだ日を『命日』という。
生体(肉体)から命体(魂)が解放されて本当の自分が誕生する日
蝶が蛹から殻を破るように可憐に美しく命が飛び立ち喜びの日なのです。
しかし、その日を迎えるためには日々を精進して生きないとなりません。

4e1960a8da558e2487e9bb0ee69c4c22f181945a.37.2.9.2.jpeg


医療の世界で『命を救う』というが延命させること、
心臓の鼓動を止まらせないようにする事ではありません。
『命を救う』とは命(魂)が高次の世界に飛び立てるようにする事であります。
そのためには、ネガティブ意識をどれだけ浄化できるか?
命(魂)に天・神が必要ない荷物を持たせないようにするか?
が命(魂)を救うことになります。

外氣功療法では、潜在意識、超意識から邪気(ネガティブ意識)を取り払う気功法を行なっています。
より天、神に近付くための命(魂)を作りによる健康法でもあり、
更に高次なる命(魂)を作り高次なる星への転生を目的にしています。
神の働きとは、より純白にする働きであり、この世には純白というものはありません。
よって、日々精進するしか高次元へと進むことはできません。

愛と慈悲の少食
元気気功法は人類のエネルギーフィールド(魂・意識レベル)の上げる愛と慈悲の気功法です。
http://gaikikou.blog.so-net.ne.jp/2013-05-30
氣功道 能力開発気功法 http://gaikikou.blog.so-net.ne.jp/2012-05-29
外氣功療法川崎本院のページへ
外気功療法川崎本院 http://www.gai-kikou.jp/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。