So-net無料ブログ作成

外気功療法 当院の気功法とは

外気功療法 当院の気功法とは ~直接療法・遠隔療法~


気功とは氣を動かし活性化させることですが、使い方によって武術気功と医療気功とに分けられます。当院の気功法のエネルギーはソフトな癒しの波動で、中国では病院などでも用いられています。密教の秘法として伝わる気功法をもとに振動医学の理論を取り入れ発展させてきた気功法です。
 <当院の気功法のポイント>
 ●徹底した邪気抜き!!
   →邪気を抜くことに徹底。余分なものが取り払われれば、よいエネルギーは自然に取り込まれていきます。エネルギーの出入り口であるチャクラに作用し全身のエネルギーを流していきます。
 ※気功師自身の氣を入れる方法では、気功師のコンディションによってエネルギーの質が変わってしまいますが、そういった心配がなく安全です。
 ●癒しの高いエネルギーで満たされた治療院内!!
   →治療院内を、常に高い癒しのエネルギー場として維持していますので高いエネルギーを取り込んで頂けます。
 ●施術者(気功師)自身のエネルギー状態を、常に高い状態を維持管理!!
   →気功師のエネルギー状態は気功の質に影響しますので、毎日必ずチェックし鍛錬し続けています。いつも一定の高いエネルギーで邪気を抜いていきます。 
 ●振動(波動)医学を取り入れ、エネルギー状態を客観的データでチェック!!
   →当院はドイツのレヨネックス社の波動測定器“レヨコンプ”を使用しています。日本でも少しずつ代替医療の現場で使われるようになってきましたが、ドイツでは既に病院でも使われています。治療の前後に、レヨコンプで患者様のエネルギー状態をお調べし、状態を確認します。レヨコンプを使うことにより、患者様のエネルギー状態を客観的に把握しながら進めていきます。

<直接療法と遠隔療法の違い>
 直接療法とは気功師が患者様に直接氣をかけていく通常の療方です。遠隔療法は離れたところにいる遠方の患者様に気功師が氣を送ります。患者様のいらっしゃる場の影響は変わってきますが、邪気を抜き取る効果に物理的距離は関係ありませんので、海外でもどこでも施術は可能です。施術の際は患者様の写真が必要になります。
 ※写真や直筆の文字などには写るもののエネルギーが波動として放出されています。

IMG_9245.jpg
左手で邪気を抜き取るために身体に触れていない手袋が1ヶ月後にはボロボロになります

愛と慈悲の少食
元気気功法は人類のエネルギーフィールド(魂・意識レベル)の上げる愛と慈悲の気功法です。
http://gaikikou.blog.so-net.ne.jp/2013-05-30
氣功道 能力開発気功法 http://gaikikou.blog.so-net.ne.jp/2012-05-29
外氣功療法川崎本院のページへ
外気功療法川崎本院 http://www.gai-kikou.jp/


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。