So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

松果体は創造主(神)と直接交信する器官 [気功]

松果体は創造主(神)と直接交信する器官


松果体(しょうかたい、英語:pineal body)は、脳にある小さな内分泌器。松果腺 (pineal gland) 、上生体 (epiphysis) とも呼ばれる。脳内の中央、2つの大脳半球の間に位置し、2つの視床体が結合する溝にはさみ込まれている。概日リズムを調節するホルモン、メラトニンを分泌することで知られています。
松果体は子供では大きく、思春期になると縮小する。性機能の発展、冬眠、新陳代謝、季節による繁殖に大きな役割を果たしているようである。子供の豊富なメラトニンの量は性機能の発展を抑制していると考えられ、松果体腫瘍は早熟をもたらす。思春期になると、メラトニンの生産は減少する。松果体の石灰化は大人によく見られます。

image6.jpg

松果体が内分泌器であることが分かったのは、比較的最近である。脳内の奥深くにあることから、哲学者は松果体には重要な機能があると考えていた。松果体の存在は神秘なものとされ、迷信や形而上的な理論がまといついた。
松果体は、ヨーガにおける6番目のチャクラ(アージュニャーまたは第3の目)、または7番目のチャクラ(サハスラーラ)と結び付けられることもあります。松果体は眠っている器官であり、目覚めるとテレパシーが使えるようになると信じる人もいるのです。
※こちらの記事は松果体 – Wikipediaからテキストをそのまま引用しています。


IMG_2535.jpg

松果体は生まれてから無邪気である期間だけ成長しています。
その期間が長いことによって働きを長くしますので長生きする秘訣です。
また、松果体の働きなくして若返りはありません。

気功治療(エネルギー療法)にとって松果体は重要な器官です。
その理由は創造主(神)なる世界と直接繋がる事が出来る器官であるからです。
そして創造主(神)なるエネルギーとの共鳴によって指示されています。
創造主(神)から指示を受け取った松果体が身体の細胞に対して発信しています。
だから、松果体から「老化」とサインを送ってしまうとどんな病でも治 癒する事はありません。
松果体はホルモン中枢、視床、自律神経、中枢神経、骨、精神に至るま で指示を与えています。この松果体を活発に働かせること が治療の根源です。
松果体の働きを悪くする原因は電磁波・重金属(水銀、アルミ、パラジウム、鉛等)・フッ素による硬化がありますので、パソコンや携帯電話、調理器具、歯の金属、歯磨き粉、鎮痛剤、精神薬等に気を付けて下さい。

パソコン等で電磁波を長時間浴びますと松果体の働きが悪くなります。 そこで、松果体を御守りするには波動音楽CDをパソコンから流しながら操 作をすると電磁波の影響を受けずに癒されながら快適にパソコンを楽しめます。
お買い求めはhttp://inochi.jp/CD.html

氣功道 能力開発気功法 http://gaikikou.blog.so-net.ne.jp/2012-05-29
外氣功療法川崎本院のページへ


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

Generic for cialis

沒有醫生的處方
cialis dosage recommendations http://cialisvipsale.com/ Cialis lowest price
by Generic for cialis (2018-04-14 03:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。